ページの先頭です

公開事業診断対象事業の見直し方針を定めました

[2013年3月26日]

平成24年度公開事業診断対象事業の見直し方針

 平成24年9月に実施した公開事業診断における意見等を踏まえ、社会情勢や行政の責務、市の財政状況などを勘案し、公開事業診断対象事業の見直し方針を定めました。

平成24年度公開事業診断 見直し内容の概要

平成24年度に実施した公開事業診断では対象事業6事業7項目が診断を受け、見直し方針を決定しました。その方向性と概要です。

勤労者福祉センターの有効活用について 【抜本的見直し】

平成27年度以降の施設運営方法について平成25年度中に方針を決定します。指定管理者が実施している自主事業の内容を精査し、勤労者福祉や産業振興につながる事業の提案を行い、収支の改善に働きかけます。
勤労者福祉センター外観

勤労者福祉センター(アクティ近江八幡)の外観です。

こども文化芸術賞の実施方法について【内容・規模見直し】

賞の認知度を高め、賞の価値を高めるためのPRの手法や表彰のあり方を検討します。

H24年度の表彰式の様子です。

市美術展覧会の実施方法について 【内容・規模見直し】

市展委員はじめ芸術関係者と連携し、新規出品者の増加と作品内容の向上を目指します。 

来場者を増加させるため、広報、ホームページ等での周知方法を改善します。

職員駐車場代の負担のあり方について 【内容・規模見直し】

市施設に勤務し、駐車場を使用している者から、維持管理等に係る必要経費の一部として応分の負担を求めるため、平成25年度より徴収対象者の範囲を拡大します。

市民法律相談(弁護士相談)の実施について 【現行通り・拡大】

現行通り実施します。利用者の満足度調査の実施や、利用促進に向けて広報やホームページ等での周知方法を改善します。

家族介護用品支給事業・紙おむつ購入助成の実施方法について 【内容・規模見直し】

要介護度別実質利用金額等の調査、介護者のニーズ調査を実施します。助成券の適正利用について、管理方法の見直しを進めます。紙おむつ等を直接自宅に配送する現物支給の方法について検討を行います。

B&G海洋センター、西の湖自然ふれあい施設の有効活用について 【内容・規模見直し】

両施設の整備、改修を実施し、二つの施設を一体として効率的な活用を図ります。利用者の増加を図るため、開館時間の見直しやPRを強化します。

B&G海洋センターとふれあい施設の外観です。

平成24年度公開事業診断対象事業毎の見直し方針と取り組み

平成24年度に公開事業診断を実施した各事業毎の見直し方針と、具体的な取り組みの方向性の一覧です。

平成24年度 公開事業診断対象事業の見直し方針と取り組み

平成22・23年度公開事業診断対象事業の見直しの状況

平成22・23年度に実施した公開事業診断対象事業について、見直しへの取り組みが進んでいます。

平成24年度現在の取り組み状況をまとめています。

今後も見直し方針に基づいた取り組みを進めます。

平成22・23年度 公開事業診断対象事業の見直しの状況

平成22・23年度公開事業診断の見直し方針

平成22・23年度に実施した公開事業診断の各対象事業毎の見直し方針を一覧表にしています。

平成22・23年度 公開事業診断の見直し方針

お問い合わせ

近江八幡市(法人番号9000020252042)総務部行政経営室

電話: 0748-36-5599 ファックス: 0748-32-3237

E-mail: 010426@city.omihachiman.lg.jp


公開事業診断対象事業の見直し方針を定めましたへの別ルート