ページの先頭です

かわらミュージアムで「I KNOW YOU,YOU KNOW ME.~陶の立体ポップアート展~」を開催します!!

[2018年2月21日]

「I KNOW YOU,YOU KNOW ME.~陶の立体ポップアート展~」を開催します!

「I KNOW YOU,YOU KNOW ME.~陶の立体ポップアート展~」 チラシ

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

「I KNOW YOU,YOU KNOW ME.~陶の立体ポップアート展~」の見どころ

 今回は焼物の世界の多様性と作者の感性、芸術性をテーマに

 滋賀県東近江市生まれ、福井揚さんの立体作品11点、壁掛作品5点を展示致します。

 従来の器などとは異なり、メルヘンチックな物や少し視点をかえた作品が陶器の手法で作られています。

 この機会にぜひ、焼物の世界の奥深さや高い芸術性を体感してください!!

 かわらミュージアムでお待ちしております。

 

作品について~作者コメント~

私の作る作品は彫刻陶芸とカラフルなフェルト生地を使った造形物です。18歳の時にアメリカに渡り、そこで彫刻陶芸に出会

いました。それから静岡県裾野市の十里木高原に拠点を移した今でも続けている、切っては切り離せない大切な創作活動で

す。粘土は順応性があり、手で粘土を捏ねるこで意思や感情をそのまま形にすることができます。私が使う主な技法は、手

びねりです。自分が下から積み上げて来た形の上からコイル状にした粘土をのせて接合部を馴染ませ、強度を増した滑らか

な表面を作り出していく作業です。

 

そしてフェルト生地の作品は生地を一つ一つ小さな長方形に切り、糊で一枚ずつ貼っていく作業です。その過程は粘土とは

全く違う作業であり、重ねていったフェルトの層は混ざり合うことはなく、表面は凹凸のあるピクセル画のようになって見えま

す。手作業による制作過程の中で同じ動作を繰り返しながらパターンを作っていき、偶発的にズレを作り出す事で変化が生

まれます。その変化を利用して、自分が表現したい世界を作りだします。

 

なぜ粘土とフェルトの作品を制作しているかと言えば、粘土は接合部を滑らかにする事により、今までの過程(歴史)がブレ

ンドされ、完成に繋がっていきます。彫刻陶芸は自分の頭の中で作ったストーリーを形にした作品で、見る人々に対して自分

の表現を間接的に表す作品です。しかしフェルトは粘土とは反対に、今までの過程(歴史)は最初から最後まで、フェルトが

一枚、一枚重なり層となり、全て残されていきます。そのため、見る人は私の作って来た過程、表現を直接的に感じ、見る事

ができます。私はこの二つの異なった作品のコントラストを使い自分の表現したい世界を作っていきたいです。

開催期間

 開催期間  平成30年3月6日(火)~平成30年3月30日(金)

 開館時間  午前9時~午後5時(入館は午後4時半まで)

 休館日    月曜日(開催期間中の3月21日・祝は開館、翌22日は閉館)   

会場

 かわらミュージアム(近江八幡市多賀町738-2)

入館料

 一般 300円(250円) ・ 小中学生 200円(150円) ※(   )内は10名様以上の団体料金です。

 障がい者手帳をお持ちの方は一般料金の半額(小中学生の場合は無料)となります。

 また、障がい者1名につき、付き添いの方も1名半額です。

交通アクセス

 公共交通機関の場合

 近江八幡駅より 近江鉄道バス長命寺線・八幡市内線 大杉町八幡山ロープウェイ口 バス停下車徒歩3分

 お車の場合

 名神高速道路 竜王インターより約30分

 国道8号線 友定交差点より約15分

 

 

~~この機会に八幡の歴史や文化に思いを馳せてみるのはいかがですか?~~

お問い合わせ

かわらミュージアム
電話: 0748-33-8567 ファックス: 0748-33-8722
info@kawara-omihachiman.com

近江八幡市役所 総合政策部 文化観光課
電話: 0748-36-5529 ファックス: 0748-36-5882
E-mail: 048200@city.omihachiman.lg.jp

かわらミュージアムで「I KNOW YOU,YOU KNOW ME.~陶の立体ポップアート展~」を開催します!!への別ルート