ページの先頭です

消火栓の使用について

[2016年8月9日]

消火栓の使用について

消火栓使用願

◎防火訓練等で消火栓を使用される場合は、「消火栓使用願(別記様式第5号)」に必要事項を記入・押印の上、7日前までに水道事業所へ届出をしてください。

◎届出時には、消火栓使用料の納付が必要です。

※平成26年4月1日から消費税(地方消費税含む)が引き上げられるのに伴い、使用料がかわります

 平成26年4月1日から 1ケ所1回2,800円

 平成26年3月31日まで 1ケ所1回2,730円

◎消火栓を使用されますと、その地域の水道水が濁る等、付近の方々にご迷惑をおかけする場合があります。
 つきましては、次の事項に十分に注意していただくと共に、近江八幡消防署員または地域の消防団員に立会いを求めていただき、使用方法等の指導を受けてくださるようよろしくお願いします。

消火栓取り扱い注意事項

使用上の注意事項

1.消火栓の水は、火災時や防火訓練以外の目的では絶対に使用しないでください。

2.防災訓練における消火栓の使用時間は、午前9時から午後4時までとし、5分間以内の使用としてください。

3.消火栓を開閉する場合は、急に開閉せず、ゆっくりと開閉し、絶対にこじたりしないようにしてください。使用状況により、開いた状態のまま閉まらなくなった時は、無理に操作しないで下さい。

※急な開閉は、一時的であっても水道水の濁りの原因となり、地域住民の方々にご迷惑が掛かりますので絶対にしないで下さい。

4.消火栓を開けた時、初めのうちは濁った水が出ますので、水が澄むまで待って使用してください。また、閉める時も濁り水が出なくなった状態で閉めて下さい。

5.消火栓の使用を終了する時は、消火栓より水が出ていないことを確かめてください。もし水が出ているようであれば、もう一度少し開けてからゆっくり閉め直してください。
 

地域住民への周知

◎消火栓を使用する場合は、使用者(自治会等)の責任において、地域住民及び近隣自治会等に対し、あらかじめ防火訓練を行う日時、使用箇所、責任者氏名、電話番号等を連絡しておいて下さい。

◎消火栓を使用されますと、その地域の水道水が濁り、地域住民の方々にご迷惑をお掛けする場合がありますので、その旨についてもあらかじめ、地域住民等の方々への周知いただき、協力をお願いしてください。

(※水道水は、しばらく使用していただくと濁りは解消されます。)

消火栓使用願

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ

近江八幡市(法人番号9000020252042)水道事業所上下水道総務課

E-mail: 010616@city.omihachiman.lg.jp