ページの先頭です

宅内配管での漏水のときは

[2012年9月19日]

宅内配管での漏水のときは

使用水量のお知らせに、「漏水」の注意書きがある場合は、家中のすべての蛇口を閉めた後、水道メータを覗いて見てください。メータの中のきらきらとしたパイロットマークが廻っていれば、宅内のどこかで漏水しています。

  • 漏水が確認できましたら、早急に「市指定給水装置工事事業者」にて、修理をお願いします。
  • そのまま放っておかれますと、多額の水道料金が発生しますのでご注意ください。
  • 修理が終わりましたら、漏水の箇所によっては、水道料金の減額を受けられる場合がありますのでお問い合わせください。

<修理を依頼されるにあたって>

水道の修理を市指定給水装置工事事業者へ依頼する際は、複数の業者から見積りをとり、工事の内容や費用について十分な説明を受けることをお薦めします。

 

漏水の確かめ方

  1. 家中のすべての蛇口を閉めてください。
  2. 水道メータの入っているボックスを開けて、水道メータのパイロット指針を見てください。
 

3分間程度見て、少しでもゆっくり回っていれば、宅内の配管等で漏水していますので、市指定給水装置工事事業者へ修理をご依頼ください。

※水道の使用水量は、漏水だけでなく、お客さまのご使用状況の変化(人数の増減など)や季節による変化(夏場は増加する傾向にあります)などの原因により増減します。

 

漏水による水道料金の減額制度について

ご家庭の水道配管が破損等により漏水した場合、使用者の申請により水道使用料を減額できる場合があります。
(漏水減額の決定については、「漏水による水道料金減額基準」に基づき行います) 

 

減額対象

  水道使用者等の善良な管理者の注意をもっても防ぐことのできなかった給水装置からの漏水。

(注)修理箇所が水洗便所・給水栓・受水槽等の器具の故障は、減量の対象外となります。

(近江八幡市漏水による水道料金減額基準 第3条(2))

 

減額について

 漏水量の2分の1を使用水量から減量します。(1調定のみ)

 (平均使用水量は、漏水時の前3調定分の使用水量の平均とします。)

(例) 10㎥の漏水量の場合、5㎥を使用水量から減量します。

    60㎥ - 5㎥ = 55㎥     (給水管口径13mm)     

    9,093円 - 8,274円 = 819円の減額              

(注) 漏水量が少量の場合、減額金額は少額となります。          

    基本料金内での漏水の場合、減額はできませんのでご注意ください。

    漏水期間が長期であっても1調定のみの減量となりますので早急に修理してください。

 ※1調定とは   2か月検針の場合2か月分、1か月検針の場合1か月分

 

■減額申請の手続きについて

1.修理依頼(水道使用者)

  • 宅地内で漏水を発見したら、指定給水装置工事事業者に修理を依頼してください。また、申請時に漏水箇所の修理前後の写真が必要となりますので、併せて頼んでおいてください。

2.申  請(水道使用者)

  • 修理が完了したら、漏水による水道料金減額申請書(以下、申請書)に必要事項を記入し、漏水箇所の修理前後の写真を添付のうえ、修理を行った指定給水工事事業者の証明を受けて水道事業所に申請してください。

3.通  知(水道事業所)

  • 申請書の提出を受けた後、漏水による使用水量の減量基準により検討を行い、使用者に通知をします。検針日の都合により通知までに1~2ヶ月程度かかることがあります。
  • 漏水による減量更正分については、漏水発生月の使用水量から減量するか、減量水量相当額を次回の水道料金に充当させていただきます。

 

近江八幡市漏水による水道料金減額基準

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

 

水道メータ以降(宅内側)の管理等について、十分な配慮を行っていただき、大切な水資源を有効に利用していただくようお願い申し上げます。

お問い合わせ

近江八幡市(法人番号9000020252042)水道事業所上下水道総務課

E-mail: 010616@city.omihachiman.lg.jp


宅内配管での漏水のときはへの別ルート