ページの先頭です

浄化槽について

浄化槽
 家庭用の小型浄化槽には、し尿(水洗トイレの汚水)だけを処理する「みなし浄化槽(単独処理浄化槽)」と、し尿と生活排水の両方を合わせて処理する「浄化槽(合併処理浄化槽)」とがあります。しかし、従来使われていた「みなし浄化槽(単独処理浄化槽)」は生活排水がそのまま放流され、水環境の保全を考える上で大きな問題となっています。そのため、平成13年4月から「みなし浄化槽(単独処理浄化槽)」の新設は廃止されました。

浄化槽の特徴

浄化槽のしくみ
1.優れた処理性能
   下水道の終末処理場の高度処理並み。
  (BOD除去率90%以上、放流水のBOD20mg/㍑以下)
2.設置費用が安価
3.短時間設置
   設置に要する時間は極めて短く投資効果がすぐに現れる。
4.地形の影響をあまり受けずに設置可能
5.自然浄化能力を活用
   小河川の自然浄化能力を活用できるとともに河川の水量確保を図れる。

浄化槽設置整備補助金について

補助対象区域

1) 公共下水道認可区域または農業集落排水処理施設採択区域を除く区域
2) 公共下水道認可区域または農業集落排水処理施設の予定区域で当分の間、これらの施設整備がされない区域
※補助対象区域については、浄化槽を設置される住宅の場所が明示された図面をつけてFAXか下水道課窓口にてお問い合わせください。 

補助対象浄化槽

1) 浄化槽法および近江八幡市浄化槽取扱要綱の規定による構造基準に適合していること。
2) BOD除去率90%以上、放流水のBODが20mg/㍑以下の機能を有していること。
3) 処理対象人員が10人槽以下の浄化槽にあたっては「浄化槽設置整備事業における国庫補助指針」に定める基準に適合していること。

補助対象者

適正な設置手続きを経て、適正な維持管理、継続使用が認められる者。

補助金額(平成28年4月現在 )

   人槽区分      限 度 額
    5人槽       332,000円
    7人槽       414,000円
   10人槽       548,000円

浄化槽の処理対象人員算定基準

浄化槽の処理対象人員は、「建築物の用途別によるし尿浄化槽の処理対象人員算定基準(JIS A3302-2000)」によって算定しますので実際の使用人員とは異なります。
   
  処理対象人員    住宅の延べ面積等
   5人槽        130㎡以下
   7人槽        130㎡を超えるもの
  10人槽        台所及び浴室が2箇所以上あるもの

 ※変更する可能性がありますので、補助金額と処理対象人員について詳しくは市役所下水道課までお問い合せください。

浄化槽の維持管理(保守点検・清掃)について

保守点検

専門業者と委託契約を結びましょう

 維持管理は、あらかじめ専門業者等と委託契約を結んでおけば、定期的に実施してもらえるので面倒なことはありません。浄化槽を適正に使用していれば使用期間の経過に伴い、汚泥は次第に増加し、消毒剤は減少していきます。このため、浄化槽の維持管理を適正に行なわないと、汚水が十分に浄化されないまま公共水域に放流され、また汚泥が流出し、悪臭の原因となります。このような事態を未然に防ぐため、浄化槽使用者(浄化槽管理者)には、法令に基づいて適正に浄化槽を使用するとともに保守点検及び清掃を実施することが義務付けられています。
 保守点検は機械の点検・補修や消毒剤の補給などを行います。浄化槽保守点検業者の登録制度が実施されているので、登録業者に委託をして下さい。保守点検を行う国家資格者として浄化槽管理士がいます。また、清掃に関しては市から許可を受けている業者に委託してください。

指定検査機関の定期検査(法定検査)を受けてください

 浄化槽使用者(浄化槽管理者)には、保守点検・清掃の他に都道府県知事が指定した検査機関の検査を受けなければならないことが浄化槽法で義務付けられています。法定検査には、使用開始後3~8月間に実施する検査(7条検査)とその後毎年1回実施する検査(11条検査)とがあります。これらの検査は、保守点検・清掃がしっかり実施されているか、または適正に使用されその機能が正常に維持されているかを検査し、不適事項があればそれらを早期に是正することを目的としています。検査は、浄化槽使用者(浄化槽管理者)が直接、指定検査機関に申し込むことになりますので、忘れずに受検してください。

お問い合わせ

近江八幡市(法人番号9000020252042)水道事業所上下水道総務課

E-mail: 010616@city.omihachiman.lg.jp


浄化槽への別ルート