ページの先頭です

生涯学習とは

[2014年1月30日]
近江八幡市中央公民館
生涯学習とは



生涯学習とは

 人は誰しも幸せになる権利を持っています。
 その「幸せ」は、人によって違います。

 一人ひとりが、自分らしくいきいきと輝くために生涯を通じて学ぶ。
 これが 「生涯学習」 です。


 生涯学習には、学校教育や家庭教育、趣味、教養、サークル活動、スポーツ活動、レクリェーション活動、芸術・文化活動、まちづくり、ボランティア活動など、幅広い活動が含まれます。
 また、学習の方法には、学校や公民館、民間教育事業だけでなく、通信教育、テレビ、新聞、読書、インターネットなどを利用して個人で学習する方法もあります。


なぜ学ぶか~生涯学習の現状~
  •  時代はめまぐるしく進歩し、得た知識や技術は、どんどん古くなっていきます。

  •  新しい知識や技術の動向を探り、自分を磨き続ける必要があります。

  •  情報化社会、少子高齢化といった急激な社会の変化により、インターネットの問題や男女共同参画、環境問題など、新たな課題が次々と出てきている中で、新しい課題を解決するためには、新しい知識と技術を手に入れる必要があります。


  • 「 定年退職後のゆとりある時間を有効に使いたい 」など、生きがいのある生活を送るために学びたいという要求が高まっています。


  •  核家族化などにより、地域のつながりが薄れ、近所付き合いや地域活動から遠ざかっていく人が増えています。

  •  そういった中で、地域の活性化のためにも、学びをまちづくりに生かすことの大切さが重要視されています。

生涯学習がめざすもの
 生涯学習社会は、「いつでも、どこでも、誰でも学ぶことができ、学んだことが生かされる社会」です。
 近江八幡市の生涯学習社会は、一人ひとりが生涯を通じて学ぶことで、「自己実現」―自分の中にひそむ可能性を見つけ、十分に発揮し、社会に貢献すること―をめざします。

 また、地域のさまざまな課題を解決するために、学びをまちづくりに生かし、「人がいきいきと躍動するまちづくり」を理念としています。



中央公民館の役割
 近江八幡市がめざす生涯学習社会を実現するために、中央公民館として次の役割を果たします。
     まず、市民が求める学びを見つけられるように学習情報を収集し、提供します。
     次に、地域課題の解決や市民の学習ニーズに応えるため、市民を対象とした講座を開催します。また、地域教育力の向上をめざし、リーダー養成講座を開催します。
     さらに、市民が学んだことやこれまで培った知識や技術、経験を生かせる情報や場の提供を行い、学びを生かしたまちづくりを進めます。





▲中央公民館総合案内のページへ


生涯学習とは

お問い合わせ

近江八幡市中央公民館
(市役所南別館教育委員会2階)
電話: 0748-36-5533
FAX: 0748-36-5565
E-mail: 047200@city.omihachiman.lg.jp