ページの先頭です

さわやかで快適な生活は下水道につなぐことから

 本市では快適な生活と水質保全を目指して公共下水道、農業集落排水施設の整備、および浄化槽を推進してきました。しかし、これらを整備しても住民の皆様に利用していただかなければ、せっかくの施設も活かされません。排水設備工事を行って下水道につなぐことが、自然環境を守り、さわやかで快適な生活への一歩だと考えます。

宅内排水設備とは

宅内排水設備
 宅地や建物からの汚水を公共下水道に流すために設置する排水管やマスなどを『宅内排水設備』といいます。一般的にみなさんのご家庭の台所、お風呂、トイレなど流し口から公共マス(接続マス)までの部分のことをいいます。

トイレの水洗化は3年以内に

水洗化工事

 公共下水道が完成して供用開始の公示がされますと、皆さんのご家庭の排水設備を公共下水道につなぐ工事をすみやかに行っていただくことになります。特に、くみ取り便所は公示後3年以内に水洗トイレに改造することが法律で義務づけられています。また、浄化槽を利用されているご家庭も、すみやかに公共下水道につなげる改造が必要です。

排水設備工事は「指定工事店」で

排水設備工事の流れ

 トイレの水洗便所への改造や排水設備工事は、皆さんの負担で行っていただきます。
 工事は一定の技術基準にそって正しく行われないと、詰まりの原因になったり、公共下水道の機能に悪い影響を及ぼすことになります。
 そこで、工事に必要な専門知識と技術をもった「指定工事店」で行うことになっています。
 なお、「指定工事店」では、工事にあたっての諸手続きを皆さんに代わって行います。

お問い合わせ

近江八幡市(法人番号9000020252042)水道事業所上下水道施設課

E-mail: 010618@city.omihachiman.lg.jp


宅内排水設備への別ルート