ページの先頭です

屋外広告物のルールについて

[2016年4月1日]

規制の目的

 社会、経済、文化活動の活発化にともない、街には小さなポスターから大きなネオンサインまで多様な広告物が出ています。これらの広告物は、見る人の役に立つという実用的な面を持つだけでなく、街を活気づけるものですが、無秩序に掲出されますと街の景観を損ない、また、管理が適正に行われないと、ときとして風で飛んだり、倒れたりして人に思わぬ危害を与える場合があります。

 そこで滋賀県では、良好な景観を形成し、風致を維持し、そして公衆に対する危害を防止するため、屋外広告物について必要な規制を行っています(滋賀県屋外広告物条例)。 屋外広告物を設置される方は、条例による規制を遵守していただき、「湖国しが」を美しく安全で住みよい郷土とするためにご協力をお願いします。なお、申請に関しては、近江八幡市都市計画課で受け付けておりますので、よろしくお願いいたします。

 

屋外広告物の定義(条例による規制の対象となるもの)

 ポスター、はり紙、立看板、広告旗、広告板、広告塔などの、屋外に設置され、公衆に向けられて(*1)、常時または一定期間継続して表示された広告物を「屋外広告物」と定義しています。この場合、営利や宣伝を目的とするものに限りません。その表示内容も、単なる個人の名前、法人の名称、取扱い商品等の文字表示から、会社や商品の商標、シンボルマークまで、すべてここにいう屋外広告物になります。

 

(*1)「公衆に向けられて」とは、一般に誰もがその広告物を見ることが出来る、という状況を意味します。従って、仮に広告物の設置場所が屋外であるとしても、その敷地全体が塀で囲われている等のために外部からは見ることが出来ない場合は、その広告物は条例の規制対象になりません。

 

「屋外広告物」に該当しない例

  • 街灯で配布されるチラシ
  • 音声による宣伝放送
  • サーチライトおよび照明の類
  • 建物内部に掲出された表示物(ショーウィンドウの展示物等)

 

規制の説明

 滋賀県屋外広告物条例では、屋外広告物の表示・掲出を原則として禁止する禁止規定と、表示・掲出に一定の条件を課す制限規定を設けています。禁止規定には、禁止広告物禁止物件禁止地域の3種類があり、制限規定には許可地域という規制が設けられています。 一方で上記の規制に対する例外として、広告物の目的や規模に応じて規制の対象から除外する旨の、適用除外規定が設けられています。

 屋外広告物を設置する際には、原則として市長の許可が必要となります。また、許可に関しては広告物の規模等の基準手数料および期間などの許可条件が定められていますので、「滋賀県屋外広告物条例しおり」にてご確認ください。

滋賀県屋外広告物のしおり(平成28年4月)

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

許可申請にかかる手数料

屋外広告物の新設、変更、継続の許可申請の際には手数料が必要となります。

 

屋外広告物許可手数料および許可期間
区分単位手数料金額(@/年.@/件)許可期間
看板、広告板および広告塔(これらに類するネオン類照明広告物を含む。)ならびにこれらを掲出する物件面積1㎡未満1個440円3年以内
1㎡以上2㎡未満830円
2㎡以上5㎡未満1,060円
5㎡以上10㎡未満2,130円
10㎡以上15㎡未満3,100円
15㎡以上20㎡未満4,160円
20㎡以上25㎡未満5,220円
25㎡以上30㎡未満6,280円
30㎡以上35㎡未満7,340円
35㎡以上40㎡未満8,400円
40㎡以上45㎡未満9,460円
45㎡以上50㎡未満10,520円
50㎡以上55㎡未満11,580円
55㎡以上60㎡未満12,640円
60㎡以上65㎡未満13,700円
65㎡以上70㎡未満14,760円
70㎡以上75㎡未満15,820円
75㎡以上80㎡未満16,880円
80㎡以上85㎡未満17,940円
85㎡以上90㎡未満19,000円
90㎡以上95㎡未満20,060円
95㎡以上100㎡未満21,120円
100㎡以上のもの3,100円に10平方メートルを超える部分の面積が5平方メートル増すごとに1,060円を加算した額
立看板および広告旗250円6月以内
はり紙(つり下げるものを含む。以下同じ)100枚420円2月以内
はり札(面積0.15㎡未満のもの)1枚90円1年以内
電柱および街灯柱広告物ならびにこれらに類するもの1件420円1年以内
アーチ広告物1個4,170円3年以内
広告幕1枚420円2月以内
アドバルーン1個1,060円1月以内
ぼんぼり90円2月以内
  • 屋外広告物の表示および当該屋外広告物を掲出する物件の設置の申請が同時にあつた場合は、これらを1件とみなして屋外広告物許可手数料を徴収する。
  • 屋外広告物の許可期間が1年を超える場合の屋外広告物許可手数料は、この表に定める額の2倍の額とする。
  • はり紙の単位については、100枚未満の端数があるときは、これを100枚として計算する。
  • 本表に定めのない広告物について、最も類似したものを適用するものとする。

その他

  • 許可を受けた広告物には、必ず許可証票をつけて下さい。(はり紙の場合は担当窓口において許可印の打刻を受けて下さい)
  • 広告物の設置者(管理者)は、広告物を常時補修し、あるいは必要な管理を怠らないようにし、 良好な状態に保持しなければなりません。
  • 許可期間が満了したとき、もしくは許可が取り消されたとき、または、設置の必要がなくなっ たときは、遅滞なく(10日以内)広告物を除却しなければなりません。
  • 許可広告物が著しく良好な景観もしくは風致を害し、または公衆に対して著しく危害を及ぼすおそれがあると認められるに至ったとき、申請書に虚偽の記載があったとき、許可条件に違反したとき、広告物の変更等の届出を怠ったとき、許可証票を付けなかったとき等の事由があったときは許可を取り消します。
  • 許可が必要なのに許可を受けなかったとき、禁止されている地域や物件に表示したり、期限を過ぎても撤去しない場合や、規定に違反して広告物を改装、改造した者は、30万円以下の罰金に処せられます。違反広告物に対する市長の除却命令に違反した者は、50万円以下の罰金に処せられます。
  • 広告物の表示・掲出を発注する際は、県の登録業者であることをご確認ください。

 

 

琵琶湖の周辺における屋外広告物規制の一部見直しについて

 琵琶湖を中心とした、ひろがりとつながりのある風景が滋賀県の特徴です。この度、湖国らしい風景づくりを一層推進するために、琵琶湖の周辺に掲出される屋外広告物の規制について一部見直しを行い、平成28年4月1日より滋賀県屋外広告物条例施行規則を改正しました。

琵琶湖周辺の禁止地域

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

 

(このページは、滋賀県都市計画課のホームページ及び滋賀県発行「屋外広告物のしおり」を参考に制作しております。)

お問い合わせ

近江八幡市(法人番号9000020252042)都市整備部都市計画課

電話: 0748-36-5510 ファックス: 0748-32-5032

E-mail: 011210@city.omihachiman.lg.jp