ページの先頭です

事例集:海外宝くじのトラブル

[2013年3月18日]

海外からの詐欺的DMに注意

海外の宝くじや懸賞の賞金が当たったというダイレクトメール(DM)が届いたという相談が増えています。

 

事例1

カナダから「総額10億円を超える高額賞金についてエントリー資格があることを確認しました。」と手紙が来た。同封の用紙を返送すれば全額保証すると書かれている。本当に当選したのか。信用しても良いか。(70歳代・男性)

 

事例2

「賞金支払管理局より重要なお知らせです。あなた様の賞金獲得用データが抹消予定となっています。現在獲得請求権認定済みの賞金総額は1億3947万1200円です。」という書面がアメリカから妻に届いた。妻はデータ抹消の取り消し依頼書を返送する気だが、私は実行手数料2000円を払うためにカードの番号を記載するのが不安。申込みもしていないのに賞金が当たることがあるのか。(60歳代・男性)

 

アドバイス

突然海外の宝くじや賞金が当たったかのようなDMが届きます。申込みもしていない賞金が当たるということはあり得ませんが、いかにも賞金を受け取れるような言い回しの文章を読み、本当に当選したと思い込んで書類を返送してしまう人も少なくありません。信用して数千円の費用を支払っても、事業者からは連絡がなく、賞金を受け取れるケースはほとんどありません。

一度申込みをした人には、大量のDMが送られてきます。いつか賞金がもらえると信じて何度も費用を支払い、結果多額の被害が発生した人やクレジットカード番号を書いて返送したために、1回だけでなく毎月引き落としされた人もいます。

事業者の実態も定かでないケースが多く、解約や返金交渉が難しいのが実情です。もし、海外からこのようなDMを受け取っても、絶対に書類を返送したり、申し込んだりしないでください。

 

お問い合わせ

近江八幡市消費生活センター(人権・市民生活課内)
電話:0748‐36‐5566 FAX:0748‐36‐5553

事例集:海外宝くじのトラブルへの別ルート