ページの先頭です

近江八幡市について

[2017年5月24日]

近江八幡市について

近江八幡市の位置

 

 近江八幡市は、滋賀県のほぼ中央に位置し、琵琶湖で最大の島である沖島を有しています。
 ラムサール条約の登録湿地である西の湖は、琵琶湖で一番大きい内湖であり、ヨシの群生地である水郷地帯は琵琶湖八景の一つに数えられています。
 古くから農業を中心に栄えてきましたが、中世以降は陸上と湖上の交通の要衝という地の利を得て、多くの城が築かれました。また、織田信長の改革精神により開かれた楽市楽座は、豊臣秀次の自由商業都市の思想に引き継がれ、さらに近江商人の基礎を築きました。このような歴史的背景から、各時代を代表する歴史的遺産が点在するとともに、風情が薫る景観は、今日も各所で受け継がれています。

【面積と広ぼう】
・総面積:177.45km2(うち琵琶湖76.03km2)
・広ぼう:東西17.0km、南北20.8km

お問い合わせ

近江八幡市役所 総合政策部 秘書広報課
電話: 0748-36-5526 ファックス: 0748-32-2695
E-mail: 010402@city.omihachiman.lg.jp

近江八幡市についてへの別ルート