ページの先頭です

建築物の耐震診断、耐震改修に関すること

[2017年3月31日]

お知らせ

 木造住宅耐震改修工事費補助事業の補助要綱が変更になりました。従来よりも補助内容を拡充しました。

 「近江八幡市暴力団排除条例」並びに「近江八幡市の事務事業から暴力団を排除する措置のための指針」の施行により、申請時の添付書類が追加になりました。

 

※市で行っている補助要綱の対象は全て昭和56年以前の建物が対象となります。

 

耐震診断について

木造住宅耐震診断員派遣事業

木造住宅の無料簡易耐震診断及び補強計画案作成

※平成26年度より無料耐震診断で診断の結果、耐震性がない(上部構造評点0.7未満)と判断された場合、ご希望により0.7以上に補強するための補強案及びその概算用内訳書を無料で作成する事業を行っております。

木造住宅耐震診断員派遣事業

既存民間建築物耐震診断補助事業

病院、店舗、共同住宅などの耐震診断
及び住宅の精密診断などへの補助金

既存民間建築物耐震診断補助事業

耐震改修工事について

木造住宅耐震改修等補助事業

木造住宅の耐震改修への補助金

※平成29年度より補助内容を拡充しております。

木造住宅耐震改修等補助事業

地震ハザードマップについて

地震ハザードマップとは

 地震ハザードマップとは、市内への影響の大きい地震を想定し、震度や地域の建物被害の発生割合を予測してマップに示したものです。

 あわせて、住宅の耐震化や家具の固定、簡易耐震診断などの防災対策、日頃からの心得や避難時の注意点など、地震対策に大切なことをガイドブックにまとめました。このハザードマップを活用し、いつ起こるかわからない巨大地震から自ら命を守りましょう。

近江八幡市地震ハザードマップガイドブック

全ページ版

  • pdf全ページ版 (PDF:2.55MB)

     ※サイズを小さくするため画像の解像度を落としています。読みにくい場合は各ページ版のガイドブックをご利用ください。

要緊急安全確認大規模建築物に係る耐震診断結果の公表について

要緊急安全確認大規模建築物

 平成25年11月25日に「建築物の耐震改修の促進に関する法律(耐震改修促進法)」の一部が改正され、不特定多数の者が利用する建築物、避難弱者が利用する建築物、危険物を扱う建築物のうち、大規模なものについて耐震診断とその診断結果の報告が義務化されました。(要安全確認大規模建築物)

要緊急安全確認大規模建築物の対象となる用途・規模

耐震診断結果の公表

 耐震改修促進法附則第3条第3項において準用する同法第9条の規定に基づき、近江八幡市における要緊急安全確認大規模建築物の耐震診断結果を公表します。

 近江八幡市における要緊急安全確認大規模建築物の耐震診断結果は以下の通りです。建築物の耐震改修等の状況に変更があった場合は、随時更新します。

 建築物の構造耐力上主要な部分の地震に対する安全性については、次の「表の見方」を参考に一覧表と附表を照らし合わせてご確認ください。

社会資本総合整備計画について

滋賀県内の社会資本総合整備計画について(建築指導係所管)

1)通常交付金(狭あい道路整備等促進事業を実施)

  平成28年度~平成30年度

2)防災・安全交付金(住宅・建築物安全ストック形成事業を実施)

  平成22年度~平成27年度
  平成28年度~平成32年度

整備計画

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

社会資本整備総合交付金制度について

 社会資本総合整備計画に基づいて社会資本整備総合交付金は、国土交通省所管の地方公共団体向け個別補助金を一つの交付金に原則一括し、地方公共団体にとって自由度が高く、創意工夫を生かせる総合的な交付金として平成22年度に創設されました。

  社会資本整備に関する政策目的を実現するため、地方公共団体が作成した社会資本総合整備計画に基づき、目標実現のための基幹的な社会資本整備事業のほか、関連する社会資本整備やソフト事業を総合的・一体的に支援する制度です。

  また、国の平成24年度補正予算時に、防災・減災、安全を実現するメニューに特化して集中的に支援するものとして防災・安全交付金が創設されました。

  交付金創設当時(平成22年度)に、住宅・建築物安全ストック形成事業(耐震・アスベスト対策事業関係)(※1)と狭あい道路整備等促進事業(※2)について策定されました。平成24年度補正予算からは交付金の主旨を鑑み、防災・安全交付金で住宅・建築物安全ストック形成事業(耐震・アスベスト対策事業関係)、社会資本整備総合交付金で狭あい道路整備等促進事業について策定されています。

  ※1:住宅・建築物安全ストック形成事業・・・住宅・建築物耐震改修事業、住宅・建築物アスベスト改修事業等をいう。

  ※2:狭あい道路整備等促進事業・・・狭あい道路情報整備等事業および狭あい道路拡幅整備事業をいう。

関連コンテンツ

記事タイトル

お問い合わせ

近江八幡市(法人番号9000020252042)都市整備部建築課

電話: 0748-36-5544 ファックス: 0748-36-5595

E-mail: 011201@city.omihachiman.lg.jp


建築物の耐震診断、耐震改修に関することへの別ルート