ページの先頭です

軽自動車税

[2016年10月1日]

軽自動車税

軽自動車税は、毎年4月1日現在(賦課期日)において、原動機付自転車、軽自動車、小型特殊自動車及び二輪の小型自動車(これらを「軽自動車等」といいます)の所有者に対して課税されます。

※所有権を留保している軽自動車等については、使用者に対して課税されます。

車種ごとの税率

原動機付自転車及び二輪車等

軽自動車(三輪及び四輪)

※「営業用」とは、自動車運送事業及び軽車両等運送事業の用に供する軽自動車をいい、道路運送車両法に基づく自動車検査証に事業用と記載されているものです。軽自動車等について、賦課期日後に用途等の変更があった場合で、その適用すべき税率に異動があったときにおいても、異動前の税率により課税されます。

※平成28年度からは、新車新規登録(自動車検査証の「初度検査年月」)から13年を経過した車両(動力源または内燃機関の燃料が電気・天然ガス・メタノール・混合メタノール・ガソリン電力併用の軽自動車及び被けん引自動車を除く)に、経年車重課の税率が適用されます。

軽自動車税のグリーン化特例

現行のグリーン化特例(軽課)の適用期限を1年延長し、平成28年度内(平成28年4月1日から平成29年3月31日まで)に新規取得した四輪以上及び三輪の軽自動車(新車に限る)で、排出ガス性能及び燃費性能の優れた環境負荷の小さいものについて、平成29年度の軽自動車税率が軽減されます。 ※当年度のみ適用

グリーン化特例(軽課)を適用した車両の税率

納付の方法等

各年度の軽自動車税は、賦課期日(4月1日)の現況により年額で課税され、普通徴収(個人で納付)の方法により、5月(全期分)に納めていただきます。納期限は、5月末日です。

※軽自動車税には、月割り課税制度がありませんので、4月2日以後に廃車や譲渡(名義変更)等をされても年税額として課税されます。

申 告

軽自動車を取得し、または所有する軽自動車等の主たる定置場を本市に移転した場合(住所変更等)は15日以内に、軽自動車等を廃車や譲渡等により所有者でなくなった場合は30日以内に、それぞれ申告をしていただくことになっています。
申告場所等
車 種              申告(手続き)場所  申告に必要なもの等

 原動付自転車(125cc以下のバイク)

 小型特殊自動車(農機具等)

 近江八幡市役所税務課 TEL0748-36-5505

 安土町総合支所住民課 TEL0748-46-7206

 印鑑、販売証明書または譲渡証明書(登録の場合)、ナンバープレート(廃車の場合)、標識交付証明書(廃車の場合)

 ※詳しく(申告様式等)はこちら(別ウインドウで開く)

 軽二輪

 小型二輪 

 近畿運輸局滋賀運輸支局 TEL050-5540-2064

  守山市木浜町2298-5

 申告内容により手続方法が異なりますので事前に確認してください。 【外部リンク(別ウインドウで開く)

 軽三輪

 軽四輪

  軽自動車検査協会滋賀事務所  TEL050-3816-1843

  守山市木浜町2298-3 

 申告内容により手続方法が異なりますので事前に確認してください。 【外部リンク(別ウインドウで開く)

減 免

身体や精神に障がいがある方が所有する軽自動車等(身体障がい者で年齢18歳未満の者または精神障がい者と生計を一にする方が所有する軽自動車等を含む)で、自ら使用する軽自動車等や当該身体障がい者等のために生計を一にする常時介護者が運転する軽自動車等については、その障がいの程度により減免を受けることができます。また、その構造が専ら身体障がい者等の利用に供するための軽自動車等、社会福祉法による社会福祉事業を経営する法人が、直接、当該事業または当該施設の用に供する軽自動車等についても減免を受けることができます。

※身体障がい者等に対する減免は、普通自動車を含めて1人1台に限ります。軽自動車税の減免を受けようとする場合は、事前に減免要件(障がいの程度)や手続きに必要なもの等を確認のうえ、納期限までに減免申請書を提出してください。…申請書は税務課にあります

お問い合わせ

近江八幡市役所・総務部・税務課・市民税グループ
電話:0748-36-5505 FAX:0748-33-3670
E-mail:010414@city.omihachiman.lg.jp