ページの先頭です

給水停止について

[2011年8月12日]
  • 独立採算の水道事業は水道料金収入だけで運営されています。一部のお客様の料金未納は、料金収入が適正に確保できなくなる上に、徴収にかかる経費が発生するなど、正しく納めて頂いているお客様全てに多大な迷惑をかけることになります。
  • そのため水道事業所では、公平に使用者の皆様に料金納入をお願いし、督促、訪問等によってもお支払頂けない場合には、水道法第15条第3項及び近江八幡市給水条例第32条の規定に基づき「給水停止処分」を行います。
  • 一旦、給水停止になりますと、原則として滞納料金を全額お支払いいただかない限り、給水を再開することはできません。また、給水停止によりお客様に損害が生じても水道事業所は一切責任を負いません。お客様には日頃から料金は納入期限内に納付していただきますようお願いいたします。
  • なお、給水停止前に滞納料金の納入相談をいただいたお客様に関しては、滞納料金の半額以上をお支払いただいた場合に限り、残額を分割でお支払いいただける相談を承っています。ただし、納入に関して責任を負える方が納入誓約書により誓約をしていただくことが必要です。
  • 一旦給水停止になりますと、料金をお支払いいただかない限り、給水を再開することはできません。なお、給水の再開の取扱いは平日の午前8時30分~午後5時15分です。夜間や休日は対応しておりません。不当な要求等に対しては毅然とした姿勢で警察等関係機関と連携して適切に対処いたします。
  • お客様宅の給水停止に関しては、理由なく突然に給水を停止することはありません。給水停止を行う理由は法令等により厳格に定められており、料金未納もその理由に当ります。納入通知書の納入期限から給水停止までは約3ヶ月のお支払可能期間があり、その期間内に、督促状→催告→最終催告状→停水予告書のように数回にわたりお客様に通知をさせていただいております。訪問による集金や各金融機関やコンビニでの支払ができる納付書の送付もさせていただいています。このように、数回にわたる料金支払のお願いにもかかわらず、お支払がない場合、止むを得ず給水停止を行うものです。

お問い合わせ

近江八幡市(法人番号9000020252042)水道事業所上下水道施設課

E-mail: 010618@city.omihachiman.lg.jp


給水停止についてへの別ルート