ページの先頭です

地域包括支援センターとは

 地域包括支援センターとは、市が設置する機関で、介護・医療・福祉などの関係機関と協力して、高齢者の皆さんの健康、生活、財産、権利などを守るために活動しています。

 地域に住む皆さんからのさまざまな相談や悩みを聞いたり、地域で活動するケアマネジャーを助けたりしながら、安心できる地域、暮らしやすい地域をつくります。

 地域包括支援センターでは、主任ケアマネジャー・社会福祉士・保健師らが中心となって高齢者の支援を行います。3職種はそれぞれ専門分野を持っていますが、専門分野の仕事だけを行うのではなく、互いに連携を取りながら「チーム」として総合的に高齢者を支えます。

 

市内の地域包括支援センター

お住まいの地域により、担当の「地域包括支援センター」が決まっています。

 市内3カ所の地域包括支援センターが、各地域を担当し、ご相談をお受けします。お気軽にご利用ください。

地域包括支援センターの所在
  名  称担当地区 住  所 電話番号 FAX 
 ①

中北部地域包括支援センター

 

八幡・島・岡山・沖島

 

〒523-0806

 北之庄町912番地

31-197031-1971
 ② 

東部地域包括支援センター

金田・馬淵・武佐・安土・老蘇 

〒523-0811

 長田町1268-1

34-735534-7356
 ③

西部地域包括支援センター

桐原・桐原東・北里 

〒523-0061

 江頭町417-2

36-220536-2206


 地域包括支援センターの地図

 

開所日時

月曜日~金曜日(土・日・祝日、年末年始除く)

午前8時30分~午後5時15分

訪問などで不在の場合があります。まずはお電話でご相談ください。

 

地域包括支援センターの業務内容

地域包括支援センターの業務内容

介護や健康のこと 

○最近足腰が弱くなり、寝たきりへの不安があるんだけれども・・・

○要支援と認定されたが、その後どうしたらいいかわからない。

 できる限り自立して生活することができるよう支援を行います。

 高齢者の権利を守ること

○今は大丈夫だけど、認知症などの病気になったとき、自分の財産管理が心配。

○近所で高齢者をどなったりなど、虐待の疑いがあるんだけれども・・・

○親の介護で、ついイライラして親をどなってしまう。

 高齢者が安心して尊厳ある生活をおくることができるよう、高齢者虐待や消費生活被害などに対して専門機関と連携して対応します。

さまざまな相談ごと

 介護や福祉、医療などに関することはもちろん、どこに相談したらよいかわからない心配ごとなど、相談内容に応じて適切な機関などと連絡をとり、必要な情報の提供やサービスの調整、関係機関の紹介などをして、問題の解決に努めます。

くらしやすい地域をつくるために

地域包括支援センターでは、高齢者一人ひとりの心身の状態、生活環境の変化などにおける問題を解決するために、医療機関を含めた関係機関のネットワークを活用して、支援をしています。

お問い合わせ

近江八幡市(法人番号9000020252042)福祉子ども部長寿福祉課(ひまわり館2階)

電話: 0748-31-3737 ファックス: 0748-31-3738

E-mail: 010840@city.omihachiman.lg.jp