ページの先頭です

整備内容と整備時期(鉄道・バス・タクシー車両)

[2007年1月1日]

整備内容・整備時期

車両

1) 整備の基本方針
1.鉄道車両
・車両の更新時に、高齢者、身体障害者等に配慮した車両を導入します。
2.バス車両
・車両の更新時に、高齢者、身体障害者等に配慮した車両を導入します。
3.タクシー車両 
・車両の更新時に、高齢者、身体障害者等に配慮した車両の導入を検討します。
電車とバスの画像です。
整備内容・整備時期(整備主体:公共交通事業者)
整備項目概 要整備
時期
ABC
1)
鉄道車両
◎車両の更新時に以下の項目に配慮
・1編成毎に1以上の車いすスペースを設置
・ホームと車両との段差・すき間については、技術的に可能な限り小さくする
・車両連結部の転落防止装置を順次設置
・音声案内・文字による情報案内設備の設置を検討
2)
バス車両
◎車両の更新時に以下の項目に配慮
・低床型バスの導入
・車いすスペースを設置
・車外用放送装置を設置
・音声・視覚による運賃、次停留所等の案内表示
3)
タクシー車両
◎車両の更新時に以下の項目に配慮
・高齢者、身体障害者等に配慮した車両の導入を検討
 
整備時期:
A:短期的対応(2006年頃まで) B:中期的対応(2010年頃まで) C:長期的対応
→の表示は継続的な対応を意味する

お問い合わせ

近江八幡市(法人番号9000020252042)都市整備部土木課

電話: 0748-36-5556 ファックス: 0748-32-5032

E-mail: 011202@city.omihachiman.lg.jp