ページの先頭です

整備内容と整備時期(駅前広場・バス停)

[2007年1月1日]
整備内容・整備時期 駅前広場・バス停
整備項目概 要整備
時期
ABC
1)
北口
駅前広場
◎駅から広場までの移動円滑化経路を確保するため、エレベーターを設置  
◎既存の駅から駅前広場への階段について、2段手すりの設置、認識しやすい段差への改良、滑りにくい床面への改良検討  
◎より使いやすく移動が円滑にできるよう、広場のレイアウトを検討
・広場のレイアウト変更の検討
・歩道の拡幅、段差の解消や勾配の緩和
・車いす利用者等が使いやすいバス・タクシー乗降場の設置
・連続したシェルターの設置
・案内情報の集約設置
・音声誘導案内の設置
  
◎一方で、現在の駅前広場の改善
・歩道舗装の改良、横断部分の舗装改良
・トイレの改善
・視覚障害者用誘導ブロックの配置の改善、JIS規格への統一
 
◎車いす利用者等が使いやすいバス・タクシー乗降場への改良検討
◎案内サインについては下記の事項に配慮
・バス路線図、時刻表等について、高齢者、身体障害者等に配慮した位置、文字の大きさ
・ルビの表記、点字表示の検討
◎視覚障害者誘導用ブロックを敷設・適正化、JIS規格への統一
  
◎身体障害者等が利用する車両が停車できるスペースでの駐車マナーの向上のための啓発・PR
2)
南口
駅前広場
(デッキ)
◎施設の更新や改良の時期には勾配緩和や踊り場の設置を検討  
◎視覚障害者用誘導ブロックの敷設、JIS規格への統一  
◎2段手すりの設置及び溝ぶたの設置  
3)
南口
駅前広場
◎ベンチの配置見直し、照明灯などの改良・設置
◎車いす利用者等が使いやすいバス・タクシー乗降場への改良検討
◎案内サインについては下記の事項に配慮
・バス路線図、時刻表等について、高齢者、身体障害者等に配慮した位置、文字の大きさ
・ルビの表記、点字表示の検討
◎視覚障害者誘導用ブロックを敷設・適正化、JIS規格への統一
  
◎身体障害者等が利用する車両が停車できるスペースでの駐車マナーの向上のための啓発・PR
4)
バス停
(道路等)
◎バス停の改良時には下記の事項に配慮する
・バスが正着し、かつ車いす利用者等が円滑に乗降できる構造
・視覚障害者用誘導ブロックを順次敷設
・バス路線図、時刻表等は、高齢者、身体障害者等に配慮した位置、文字の大きさの検討
・ルビの表記・点字表示の検討
・屋根、ベンチ等休憩施設、照明灯の設置に努める  
整備時期:
A:短期的対応(2006年頃まで) B:中期的対応(2010年頃まで) C:長期的対応
→の表示は継続的な対応を意味する

お問い合わせ

近江八幡市(法人番号9000020252042)都市整備部土木課

電話: 0748-36-5556 ファックス: 0748-32-5032

E-mail: 011202@city.omihachiman.lg.jp