ページの先頭です

平成28年熊本地震に便乗した不審な電話や訪問にご注意ください!!

[2016年4月28日]

熊本地震に便乗した不審な電話や訪問にご注意ください!!

平成28年熊本地震で被災された皆さまには、心よりお見舞い申し上げます。

平成28年熊本地震に関連して、不審な電話や訪問に関する相談が近江八幡市内でも寄せられています。

熊本地震に便乗した不審な電話はすぐに切り、来訪があっても断ってください。

 

事例

【近江八幡市の事例】

市の防災担当課だと言って、建物の耐震検査をすると電話があった。

市の職員を名乗る男性から「熊本地震があり、築20年以上経過している家を1件1件まわり耐震検査している」「地震保険に入っているか」「耐震リフォームはしてあるか」「あとでお伺いしていいですか?」等の内容の電話があった。1人暮らしをしているので恐くなり相談した。(80歳代女性)*同様の相談が他にも入っています。

【全国的な事例】

・ボランティアを名乗る女性から募金を求める不審な電話があった

・寄付金を求める不審な訪問があった 等々

 

 

 

アドバイス

・不審な電話はすぐに切り、来訪の申し出があっても断ってください。万が一、金銭を要求されても、決して支払わないようにしてください。

・公的機関が、各家庭に電話等で義援金を求めることは考えられません。そのような電話があった場合には、まず当該機関に確認しましょう。

・少しでも不安を感じたら、消費生活センター(消費者ホットライン『188』番)や警察に相談してください

お問い合わせ

近江八幡市(法人番号9000020252042) 消費生活センター
電話: 0748-36-5566 ファックス: 0748-36-5553
E-mail: 011402@city.omihachiman.lg.jp

平成28年熊本地震に便乗した不審な電話や訪問にご注意ください!!への別ルート