ページの先頭です

7~8か月頃のポイント

  • 2回食 モグモグ(舌でつぶして食べるトレーニング)期
  • 1日2回食で食事のリズムをつけましょう
  • 3つのお皿(主食・主菜・副菜)を組み合わせた食事にしましょう
  • いろいろな味や口あたりを楽しめるように、食品の種類を増やしましょう(たんぱく質を多く含む食材のうち、赤身魚、鶏ささみ・むね肉、卵が食べられる時期です。アレルギーに注意しながら、1さじから始めてみましょう)
  • 煮物、汁物を大人の食事に取り入れると、取り分け離乳食を作りやすくなります

かつおだしのとり方

材料:水400ml、かつおぶし8g(原材料はかつおに限定しましょう。イワシ、サバなどが入っているものは9か月以降にしましょう。)

①鍋に火をかけ、水を沸とうさせる。沸とうしたら、かつおぶしを入れる。

②再沸とうしたら、火を止める。

③かつおぶしがしずんだら、取りだす。

だしで煮込んだ食材は、おいしさがより引き立ち、赤ちゃんの味覚を育てます。

レシピ

おとなごはんと一緒に作る離乳食

〈おとなごはん〉
・ご飯
・カレイの煮つけ
・ピーマンのおかかマヨネーズ和え
・みそ汁

〈離乳食〉
・7倍がゆ
・カレイ煮
・かぼちゃ煮
・ピーマン煮

おとなごはんと一緒に作る離乳食(7~8か月頃)

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ

近江八幡市(法人番号9000020252042)福祉子ども部健康推進課(市民保健センター)

電話: 0748-33-4252 ファックス: 0748-34-6612

E-mail: 010836@city.omihachiman.lg.jp


7~8か月頃への別ルート