ページの先頭です

~教育長室から~

[2017年12月20日]

~教育長室から~

素晴らしき友人 『グランドラピッズ市・レブンワース市』

 今年もあと数日を残すだけとなりました。市民のみなさまには、本市教育行政に深いご理解と温かいご支援をいただきありがとうございました。来年も引き続きよろしくお願いします。

 今年の漢字は『』。朝鮮の動向、海道のジャガイモの供給不足、7月の九州部豪雨、来年から大リーグでの活躍が期待できる大谷選手や高校野球で活躍した清宮選手が入団する海道日本ハムファイターズ、競馬界を賑わしているキタサンブラックの活躍と挙げてみれば、確かに『北』に関わる出来事がたくさんありました。

 私自身も北に関わることがなかったかと考えてみたところ、一つの大きな出来事がありました。10月9日~16日まで『姉妹都市グランドラピッズ市、兄弟都市レブンワース市 国際交流の旅』に市の代表として参加させていただきました。つまり米の旅です。今までにアメリカには、公私を含め数回訪問しましたが、今回の旅は両市の市民のみなさまの温かさに触れることが出来ました。

 日本では10月はほとんど雨の毎日でしたが、今回の旅は概ね快晴続きで、非常に天候に恵まれました。また、訪問地での歓迎に感謝いっぱいの旅になりました。サンフランシスコの山火事も同時期に起こり、上空のグレイの層(煙)により航空便の発着が遅延することもありましたが、行程には影響を及ぼすことはありませんでした。

 最初に訪問した姉妹都市グランドラピッズ市は全体が整然としており、美しくゆとりのある空間が印象的でした。以前は家具ビジネスで有名な街でしたが、近年は医療ビジネスが主流になってきています。ミシガン州立大学やグランドヴァレー州立大学など医学系の大学が数校あり、それぞれの大学の付属病院では、成人病をはじめ多くの難病治療の研究を進めておられ、全米で注目されている街の一つともお聞きしています。これらの成果もあり、全米各地から多くの人々が集まり地価も上昇しています。最大の悩みは人口密度(人口は約19万人)が高くなり過ぎたこと。この課題解決のため、人口密度の高い日本を参考にしているということでした。(*ミシガン州在住のすべての人をグランドラピッズ市に集めても、日本の方が人口密度は高い)

 交流会では、市長さんはじめ多くの市民のみなさまも参加いただき、温かい歓迎を受けました。市長さんが『国の内側からのフロンティア精神で、女性や子ども、そして移民に焦点を当てた事業に取り組み、逆風(国からの)に負けず、良い風を吹かせていく転換期である。』と話しておられたのがとても印象的でした。

 次の訪問市、兄弟都市のレブンワースは本市の名誉市民第1号であるウイリアム・メレル・ヴォーリズ氏の生誕地です。人口は32,000人(軍の施設があり併せて78,000人)。街には新しい建物もありますが、ヴォーリズ氏の子どもの頃の建物も数多く残っていました。古い建物は市の許可なく壊すことができません。(市全体が近江八幡市の伝建地区のような感じです。) おかげでヴォーリズ氏が幼少期に見ておられた風景や建物を間近に感じることができました。同時に街の建物がヴォーリズ建築の礎になっていることも理解できました。

 ヴォーリズ氏の生家では、階段のスロープや手すり、ドアノブやその高さ、暖炉などが日本で見るヴォーリズ建築に入ったときと同じ『風』を感じることができました。ヴォーリズ氏がお生まれになった1880年にはすでに建築されていたのですから、築約150年になります。とてもそんな前に建てられたものとは思えないくらい、どの部屋もていねいに手入れされていました。現在住んでおられるルドウイックご夫妻が大事にしておられることに感激しました。

 市主催の交流会では、ルドウイックご夫妻はじめ多くの市民のみなさんの歓迎を受け、市長が『宣教活動をしながら学園、建築、メンターム、病院等社会福祉のために、そして近江八幡市のために貢献されたヴォーリズ精神を誇りに思います。今後も引き続き友好交流を誓います。』と声高らかに宣言されていました。

 「グランドラピッズ」「レブンワース」両市とも素晴らしい街、そして市民のみなさまでした。改めて我が『近江八幡市』も両市に恥じない、より素晴らしい街にするため、微力ですががんばらせていただこうと決意しました。今回の旅に参加いただいた市民のみなさまと共に交流の一端を担うことができましたことは、歴代市長様はじめ、これまで交流を築きつなげてくださった市民のみなさまのおかげと、改めて感謝いたしております。本当にありがとうございました。

 

 

 今年も自然災害や悲しい事件が世界中でありました。どうか来年はみなさまにとって素晴らしい年になることを心から願っています。良いお年をお迎えください。

     平成29年12月                               

                                                                          近江八幡市教育長 日岡 昇

お問い合わせ

近江八幡市(法人番号9000020252042)教育委員会教育総務課

電話: 0748-36-5539 ファックス: 0748-32-3352

E-mail: 040200@city.omihachiman.lg.jp


~教育長室から~への別ルート