ページの先頭です

1月26日は文化財防火デーです

[2017年1月25日]

1月26日は文化財防火デーです

文化財防火デーについて

 昭和24年1月26日に、奈良県の法隆寺金堂が焼損し、その後も火災等で文化財の焼損が相次ぎました。

 文化財を火災や震災その他の災害から守るため、国民の文化財愛護に対する意識の高揚を目的として、昭和30年に1月26日を「文化財防火デー」と定めました。

 現在では、この日を中心に全国的に文化財防火運動を展開しています。

本市における活動について

 平成29年1月22日(日)に、小田町の小田神社において、消防訓練を実施しました。

 当日は、近江八幡消防署や地元消防団による放水訓練を実施し、文化財保護と防火に対する認識を再確認することができました。

放水訓練の様子

同上

市民の皆さまへのお願い

 文化財は、先人から受け継いできている大事な「郷土の誇り」です。

 その「郷土の誇り」である文化財を、未来へ引き継いでいくことが重要です。

 これを契機に、今一度地域防災と文化財保護に対する意識を高めていただきますよう、よろしくお願いいたします。

お問い合わせ

近江八幡市(法人番号9000020252042)総合政策部文化観光課

電話: 0748-36-5529 ファックス: 0748-36-5882

E-mail: 048200@city.omihachiman.lg.jp


1月26日は文化財防火デーですへの別ルート