ページの先頭です

マダニが媒介する感染症の予防について

[2017年8月1日]

 今般、北海道においてダニ媒介脳炎患者の発生が確認されました。ダニ媒介脳炎患者の発生は昨年度に続き国内3例目(いずれも道内)です。
 ダニ媒介脳炎の症状としては発熱、筋肉痛、麻痺、意識障害、痙攣、髄膜炎、脳炎等が挙げられます。
 現在のところ近江八幡市内での発生は確認されておりませんが、ダニに咬まれないよう予防措置を講じるとともに、咬まれた場合には医療機関で除去してもらいましょう。もし発熱等の症状が出た場合には、早期に医療機関を受診し適切な治療を受けることが重要です。

 ダニに咬まれないようにするまたは咬まれたときの対策については、厚生労働省発行のリーフレットをご確認ください。リーフレットについてはこちら

お問い合わせ

近江八幡市(法人番号9000020252042)福祉子ども部健康推進課(市民保健センター)

電話: 0748-33-4252 ファックス: 0748-34-6612

E-mail: 010836@city.omihachiman.lg.jp


マダニが媒介する感染症の予防についてへの別ルート