ページの先頭です

豆まきをしました。

[2018年2月5日]

豆まきをしました。

 2月3日の節分を前に、2日、幼稚園でも豆まきを行いました。

今年は、年長組の子どもたちが鬼役となり、3,4歳児さんのクラスへ行って一緒に豆まきをしました。

異年齢での交流を通しての豆まきは北里幼稚園ならではの姿だなと感じています☆

豆まき1

「がおー!」「鬼だぞー!」と5歳児の子どもたちが3,4歳児のクラスへ行きます。
すると、「鬼は~そと」と3,4歳児の子どもたちが豆を投げ始め、豆まき合戦が始まりました。

豆まき2

子どもたち手作りの鬼のお面。
目のところに穴をあけることに苦労していましたが、3,4歳児さんのために朝からがんばって作りました☆

豆まき3

途中からはいろいろなクラスが混ざり合いながら豆まきを楽しみ、お腹の中にいるいろいろな鬼を追い出しましたよ。

豆まき4

豆を落とした3歳児さんに、なんと鬼さんが「豆が落ちたよ。拾ってあげるね。大丈夫?」と言っている一場面。
北里幼稚園の鬼たちは優しいお兄さんお姉さん鬼ですね。

 最近は、家庭でも豆まきなど節分の行事をする家庭が少なくなってきていると聞きますので、園の中で触れながら日本の伝統文化を知っていくよい機会となったと思います。

 豆まきのほかにも、ひいらぎのトゲやイワシの匂いが苦手だということ、また「豆」にはたくさんの栄養があり、豆腐や味噌などいろいろなものに変身することなども活動を通して伝えていきました。

 また、節分では、厄や災難などを「鬼」に見立てて追い払う行事ではありますが、鬼に豆を投げて懲らしめることを楽しむのではなく、自分の心の中にいる「いじわる鬼」「泣き虫鬼」「怒りんぼ鬼」などに視点を当てて話をしていきました。

「鬼は悪い」という決めつけではなく、いろいろな鬼がいることを知り(見かけで判断せず)物事の本質を見ることのできる子どもに育ってほしいと願っています。

お問い合わせ

近江八幡市(法人番号9000020252042)子ども健康部幼稚園北里幼稚園

電話: 0748-36-7220 ファックス: 0748-36-7220

E-mail: 041800@city.omihachiman.lg.jp