ページの先頭です

国選択無形民俗文化財「近江八幡の火祭り」

[2019年2月8日]

「近江八幡の火祭り」

昭和33年(1958年)、日牟禮八幡宮の火祭り(左義長と松明)と篠田の花火が「火まつり」として滋賀県の無形民俗文化財に選択されました。

しかし、火祭りの広がりは市全域に及ぶことから、平成4年(1992年)、新たに「近江八幡の火祭り」の名で、国の無形民俗文化財に選択されています。

※「近江八幡の火祭り」とは…(旧)近江八幡市域で、毎年決まった時期、地域、担い手によって行われる祭事のうち、特に大火を焚くところに特徴を持つ行事を包括したものです。

 

具体的には

 ・小正月のサギチョウ

 ・旧八幡町の「左義長祭」 

 ・「八幡祭」に代表される春祭りの松明行事 

 ・「和火」と呼ばれる仕掛け花火が伝承される「篠田の花火」  がその対象になります。

 

【「近江八幡の火祭り」に関連する情報や画像などを募集しています】

 応募のあった情報や画像は市ホームページでご紹介します。

 希望される場合は、下記問い合わせ先までご連絡ください。

 

左義長まつりのご案内

左義長まつり

左義長まつりは、湖国(滋賀)に春の訪れを告げるお祭りで、国選択無形民族文化財に指定されています。織田信長も盛大に行い、自ら華美な衣装で躍り出たと伝えられています。

左義長と呼ばれる山車を引いて町を練り歩く様子や左義長同士の激しいぶつかり合い、最終日の夜の左義長奉火は必見です。

迫力のおまつりをぜひご覧ください。

 

日程:平成31年3月16日(土)・17日(日)

場所:日牟禮八幡宮及びその周辺

 

近江八幡左義長保存会ホームページでまつりの動画をご覧いただけます

近江八幡左義長保存会のホームページでは、昨年のまつりの様子を動画で紹介しています。

また、左義長の歴史や歴代の左義長山車の写真なども見ることができます。

https://sagichomatsuri.wixsite.com/hozonkai(別ウインドウで開く)

 

左義長まつりチラシ

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ

近江八幡市(法人番号9000020252042)総合政策部秘書広報課

電話: 0748-36-5526 ファックス: 0748-32-2695

E-mail: 010402@city.omihachiman.lg.jp


国選択無形民俗文化財「近江八幡の火祭り」への別ルート