ページの先頭です

まもろう、ひろめよう琵琶湖ルール

[2019年1月31日]

琵琶湖ルールとは

琵琶湖におけるレジャー活動による環境への負荷の低減を図るため、平成14年10月に「滋賀県琵琶湖のレジャー利用の適正化に関する条例(琵琶湖ルール)」が制定され、レジャー利用の適正化の取組が進められています。

制定の背景

琵琶湖におけるレジャー活動の多様化や利用者の増加に伴い、レジャー活動に伴う琵琶湖の自然環境やその周辺の生活環境への影響は見過ごすことができないほど大きくなってきました。

このようなレジャー活動による環境への負荷を低減する取り組みを総合的に進めるため、琵琶湖ルールが定められました。

基本理念

琵琶湖ルールの基本理念は、(1)琵琶湖の環境をできる限り負荷をかけず健全な姿で次世代に引き継ぐこと。(2)「琵琶湖と人との共生」で琵琶湖におけるレジャーのあり方は周辺に暮らす人々の生活に対してできる限り支障を及ぼさないようにすること。(3)琵琶湖の価値を理解した上で利用することです。(出展:滋賀県 琵琶湖ハンドブック)

琵琶湖ルールに関する詳しい内容は、滋賀県琵琶湖レジャー対策係(別ウインドウで開く)のホームページにも詳しく掲載されています。

お問い合わせ

近江八幡市(法人番号9000020252042)市民部環境課

電話: 0748-36-5509 ファックス: 0748-36-5882

E-mail: 010602@city.omihachiman.lg.jp