ページの先頭です

日常生活用具対象種目の拡大について

[2014年10月30日]

日常生活用具対象種目の拡大について

視覚障がい者、難病患者等の日常生活の便宜を図るため、日常生活用具対象種目の拡大、対象者の障害等級の見直しを行いました。

日常生活用具対象種目の拡大について

 

 盲人用血圧計(音声式)

 対象障がいおよび程度:

 視覚障害2級以上の障がい者であって、常時必要と認められる者(盲人のみの世帯及びこれに準ずる世帯)

 

対象者の障害等級の見直しについて

 

①点字ディスプレイ

(旧)視覚障がい及び聴覚障がいの重度重複障がい者。(原則として視覚障害2級以上かつ聴覚障害2級)

(新)視覚障害2級以上の障害者であって必要と認められる者

 

②視覚障害者用ポータブルレコーダー(録音再生機、再生専用機)

(旧)視覚障害2級以上の障害児者。(児童においては原則として学齢児以上の者)

(新)視覚障害児者であって、必要と認められる者。(ただし、録音再生機については視覚障害2級以上に限る)(児童においては原則として学齢児以上の者)

 

難病患者等の対象130疾患に該当する方に対しても、一部種目が給付対象となりました。

 

身体障害者手帳を持たない、障害者総合支援法に規定されている難病患者等の対象130疾患に該当する方に対しても、一部種目が給付対象となりました。

対象種目および給付対象になる障がいの程度につきましては、お問い合わせください。

お問い合わせ

近江八幡市(法人番号9000020252042)福祉子ども部障がい福祉課(ひまわり館2階)

電話: 0748-31-3711 ファックス: 0748-31-3738

E-mail: 010837@city.omihachiman.lg.jp