ページの先頭です

認知症のイベントを開催しました

[2017年4月20日]

認知症のイベントを開催しました

3月13日(月)に京都銀行近江八幡支店2階において、認知症のイベントを開催しました。

当日は認知症の予防に役立つといわれる「コグニサイズ」の紹介や「出張!もの忘れ相談会」、また「認知症に関する情報コーナー」を開設しました。催しで実施した一部をご紹介します。

<認知症とはどんな病気かご存知ですか?>

認知症は脳の細胞が死んでしまったり、働きが悪くなることで、日常生活において支障が出てくる状態です。

認知症は誰にでも起こりうる「脳の病気」です。

認知症になっても、”その人らしさ”や”感情”がなくなってしまったわけではありません。

かかわり方ひとつでその人の症状を和らげることができます。

 

<認知症の一歩手前の状態があることをご存知ですか?>

認知症ではないけれど、認知機能が年齢相当の低下より衰えてきた状態を「軽度認知障害(MCI)」といいます。

軽度認知障害(MCI)は認知症ではありませんが、正常ともいえない状態です。

軽度認知障害(MCI)から認知症を発症する人もいますが、正常に回復する人もいます。

認知機能の維持・向上に役立つ運動など取り入れることで、認知症の発症を遅らせることが期待されています。

 

認知症のことや介護をされるうえで困りごとなどありましたら、下記またはお住まいの地域にある地域包括支援センターまでお気軽にご相談ください。

認知症の催し

お問い合わせ

近江八幡市(法人番号9000020252042)福祉子ども部長寿福祉課(ひまわり館2階)

電話: 0748-31-3737 ファックス: 0748-31-3738

E-mail: 010840@city.omihachiman.lg.jp


認知症のイベントを開催しましたへの別ルート