ページの先頭です

結核予防週間(9月24日~9月30日)について

[2019年9月11日]

結核予防週間(9月24日~9月30日)について

令和元年度結核予防週間

令和元年度の標語  「あのとき、○○していれば・・・」

 結核とは、結核菌によって主に肺に炎症を起こす病気です。

 現在も日本は他先進国に比べ高いり患率となっています。

 結核は、いわゆる空気感染を起こし、日本では毎年新たに1万6000人程度の方が感染し、およそ2000人が命を落とす感染症です。

 

高齢者の方は注意が必要です

 近江八幡市では、平成29年度に16人の方が新たに感染していますが、そのうち8割弱の方が65歳以上という現状です。

 

結核は早期発見が大切です

 結核の初期症状は、風邪とよく似ています。「せきが2週間以上続く」「たんが出る」「からだがだるい」「急に体重が減る」という症状があれば、結核も疑って早めに受診しましょう。

 症状がなくても、ご自身の健康管理のために、毎年1回は健康診断、人間ドック等で胸部エックス線検査を受けましょう。

 近江八幡市に住民登録のある65歳以上の方は結核健診を受けていただくことができます。

 

結核予防週間チラシ

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ

近江八幡市(法人番号9000020252042)子ども健康部健康推進課(市民保健センター)

電話: 0748-33-4252 ファックス: 0748-34-6612

E-mail: 010836@city.omihachiman.lg.jp