測量・建設コンサルタント等業務最低制限価格制度の実施について


平成31年3月18日     

 概要 

 測量、建設コンサルタント等業務の競争入札において、適正な見積価格での契約を確保するため、「近江八幡市測量、建設コンサルタント等業務における最低制限価格制度実施要領」を定め、最低制限価格を設けることとしたので周知します。


 対象業務 
  設計金額50万円(消費税及び地方消費税相当額を含む。)以上の測量、建設コンサルタント等業務。ただし、近江八幡市建設工事契約審査会が認めた場合は、この限りでない。

 (1)測量業務

 (2)建築関係建設コンサルタント業務

 (3)土木関係建設コンサルタント業務

 (4)地質調査業務

 (5)補償関係コンサルタント業務
   
 

 最低制限価格の設定 

 最低制限価格は、競争入札の予定価格に10分の7を乗じて得た額とし、その額に1,000円未満の端数が生じたときは、これを切り捨てる。


 入札の執行  

 (1) 落札者等の決定

    入札執行者は、入札の結果、予定価格の制限の範囲内の価格で最低制限価格以上の価格をもって申し込みをしたもののうち最低の価格をもって申し込みをしたものを落札者等とし、最低制限価格を下回る入札が行われた場合は、当該入札をした者を失格とする。


 (2) 入札の回数
   
    予定価格を事後公表として執行する測量、建設コンサルタント等業務の入札の回数は、3回までとする。

 (3) 内訳書の提出
   
    入札参加者は、当該入札に係る内訳書を入札時に提出しなければならない。


 (4) 最低制限価格等の事後公表
   
    入札執行者は、落札決定後速やかに当該入札に係る入札予定価格及び最低制限価格を公表する。

 適用時期 

 平成31年4月1日以降に入札公告若しくは指名通知を行うものから適用します。

 詳しくは下記要領をご覧下さい 

近江八幡市測量、建設コンサルタント等業務における最低制限価格制度実施要領