近江八幡市トップページ > 各課のページ > 文化振興課のページ >文化的景観担当

 近江八幡の水郷

平成18年1月26日、近江八幡市が申出をおこなっていた、重要文化的景観「近江八幡の水郷」が国の選定を受けました。全国で初めてのことであります。また、平成18年7月28日追加申出をおこなっていました集落部分が追加選定を受けました。今後3次申出として里山と水田地域を申出する予定です。

 

水郷地帯のふかん写真

写真をクリックすると写真集が表示されます。

選定範囲は以下の通りです。

重要文化的景観選定範囲 

 ○近江八幡の水郷【滋賀県近江八幡市】の概要(記者発表資料より)

  近江八幡市は滋賀県中央部の平野に位置し、市域の北東部に広がる西の湖は、ヨシ原特有の湿地生態系を示している。近江八幡市の周辺は古くから琵琶湖の東西交通を支えた拠点の一つとして栄え、天正13年(西暦1585年)には豊臣秀次が八幡山城の麓に城下町を開き、西の湖を経て琵琶湖に至る八幡堀を開削した。楽市楽座などの自由な商工業政策が行われ、八幡堀沿いの街は廃城以後も在郷町として発達した。八幡堀沿いの街は舟運で結びついて旧城下町と一体的に展開し、現在の市街地の骨格となった。

 江戸日本橋で近江商人が取引した商品には、「近江表(おうみおもて)」「近江上布(おうみじょうふ)」など湿生植物を原料とするものが数多く含まれていた。西の湖の北岸に面する円山の集落は近江商人が築いた流通経路を通じて市場を拡大し、ヨシの産地として広く知られるようになった。円山(まるやま)の集落では現在もヨシ加工による簾(すだれ)や葭簀(よしず)をはじめとする高級夏用建具の製造が行われており、製造業者の数は減少したものの「ヨシ地焼き」などの種々の作業は従来の手法を留めている。「近江八幡の水郷」は、西の湖やその周辺に展開するヨシ原などの自然環境が、ヨシ産業などの生業や内湖と共生する地域住民の生活と深く結びついて発展した文化的景観である。

また、集落部分の北面は強い季節風を受けることから里山の日当たりの良い南面の裾野で、内湖に面して線状に展開し、独特の景観地を創り上げました。現在でもヨシ葺屋根の建物やヨシ作業小屋が数多く残る円山町は、その発展過程をヨシ栽培やその加工と切り離すことはできません。また、干拓によって大中の湖は失われたものの、白王町には船着き場の跡を示す石垣や湖中水田の地割りが残り、内湖と生活との密接な関係を示しています。以上のように、円山・白王の集落は、西の湖やヨシ原と一体となって発達した居住に関する貴重な文化的景観であることから、平成18年1月、重要文化的景観に追加選定されるよう国に申出を行っていたものです

 選定範囲 近江八幡市白王町、円山町、北之庄町、南津田町他 約188.3ha

重要景観構成要素

景観を構成する上で欠くことができない建造物などを文化財保護法の保護対象として選定しました。円山町、白王町、船木町地先に合計7カ所選定しました。

○近江八幡の水郷の選定理由

    @内湖とヨシ原などの自然環境が、ヨシ産業などの生業や内湖と共生する地域住民の生活と結びつき、価値の高い文化的景観を形成していること

    A干拓や圃場整備によって内湖の多くが農地化され、湿地生態系の衰退やヨシ葺屋根等の減少に伴う景観の改変が著しく、文化的景観の変容が危惧されていることから、早急な保護が必要であること

    B文化的景観を未来に引き継ぐため、近江八幡市風景づくり条例(注)を制定し、これに基づく「風景づくり協定」や「風景づくり委員会」等への地域住民の参加・参画を通じて、文化的景観の保護に向けた積極的な取組みを図ろうとしていること

  C重要文化的景観になるため、近江八幡市は景観行政団体となり、景観計画(注)を策定するなど、必要な条件が整ったこと

 注  「近江八幡市風景づくり条例」や景観計画は風景づくり推進室が担当しています。計画区域内では建物の意匠などを周辺の景観に合わせていただきたいので詳細についてはご相談ください。計画の詳細はこちらをご覧ください。都市・風景づくり課ホームページへ上の景観計画をクリックしてもごらんいただけます。ここへ戻るには新しく開いたページを閉じてください。

○文化的景観について

 地域における人々の生活又は生業及び当該地域の風土により形成された景観地で我が国民の生活又は生業の理解のため欠くことのできないもの(文化財保護法第二条第一項第五号)

 

○重要文化的景観について

 文化的景観のうち、特に重要なものを重要文化的景観として選定(文化財保護法第百三十四条)

 近江八幡市トップページ > 各課のページ > 文化振興課のページ >文化的景観担当