○近江八幡市報酬を日額で計算する非常勤特別職の職員に対する報酬の支給方法等に関する規則

平成22年3月21日

規則第44号

(趣旨)

第1条 この規則は、近江八幡市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例(平成22年近江八幡市条例第63号。以下「条例」という。)の施行に伴い、報酬を日額で計算する委員会の委員等(以下「委員会の委員等」という。)に対する当該報酬の支給方法等について必要な事項を定めるものとする。

(計算の方法)

第2条 委員会の委員等の報酬は、職務に従事した日数によって計算し、その1日の職務に従事した時間数が一般職の職員の例による平日の勤務時間数に満たない場合であっても、これを1日として計算する。

(報酬を支給しない事例)

第3条 委員会の委員等において、次の各号のいずれかに該当する事例の場合は、報酬は支給しない。

(1) 単なる儀礼的な職務に従事したとき。

(2) 法令又は条例で定められた当該委員会の委員等の職務以外の職務に従事したとき。

(その他)

第4条 この規則に定めるもののほか、この規則の施行に関し必要な事項は、市長が別に定める。

付 則

この規則は、平成22年3月21日から施行する。

近江八幡市報酬を日額で計算する非常勤特別職の職員に対する報酬の支給方法等に関する規則

平成22年3月21日 規則第44号

(平成22年3月21日施行)

体系情報
第5編 与/第1章 報酬・費用弁償
沿革情報
平成22年3月21日 規則第44号