○近江八幡市お誕生おめでとう健やか祝金条例

平成28年10月3日

条例第44号

(目的)

第1条 この条例は、近江八幡市民の出産(死産を除く。以下同じ。)に対し、お誕生おめでとう健やか祝金(以下「祝金」という。)を支給することにより、子どもの誕生を祝福し、次代の社会を担う児童の健やかな成長の支援、少子対策及び子育て世帯の家計負担の軽減に資することを目的とする。

(定義)

第2条 この条例において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 保護者 児童福祉法(昭和22年法律第164号。以下「法」という。)第6条に定める者をいう。

(2) 児童 法第4条に定める者をいう。

(3) 支給対象児 保護者が児童を養育することとなった場合の新生児をいう。

(支給対象)

第3条 祝金は、次の各号のいずれの要件も満たす場合に、支給対象児の保護者に対し支給するものとする。

(1) 保護者が出産の日前1年以上引き続き住民基本台帳法(昭和42年法律第81号)に基づき本市の住民基本台帳に記録(以下「住民登録」という。)されていること。

(2) 出産後に支給対象児が住民登録されていること。

(祝金の額)

第4条 祝金の額は、支給対象児1人につき次のとおりとする。

(1) 第1子 1万円

(2) 第2子 2万円

(3) 第3子以降 3万円

(申請及び決定)

第5条 祝金の支給を受けようとする者(以下「申請者」という。)は、規則で定めるところにより市長に申請しなければならない。

2 市長は、前項の申請があったときは、その内容を審査し、申請者にその結果を通知するものとする。

(祝金の返還)

第6条 市長は、申請者が偽りその他不正の手段によって祝金の支給を受けたときは、既に受けた金額の返還を命ずることができる。

(委任)

第7条 この条例に定めるもののほか、祝金の支給に関し必要な事項は、規則で定める。

付 則

この条例は、平成29年2月1日から施行する。

近江八幡市お誕生おめでとう健やか祝金条例

平成28年10月3日 条例第44号

(平成29年2月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第3節 児童・母(父)子福祉
沿革情報
平成28年10月3日 条例第44号