学校紹介

■ 校訓  
  「切磋琢磨 せっさたくま」

■ 学校教育目標
  「ふるさと近江八幡に愛着と誇りをもち、自ら心の器づくりに励み、未来を切り拓く生徒の育成」

■ 生徒スローガン
  「輝け!八中 みんなの学校 」

■ めざす生徒像
  □ 人権を尊重し、友情と連帯あふれる生徒
  □ 学習を深め、文化を高め合う生徒
  □ 自主性に富み、心身ともにたくましい生徒

■ 校区について
   校区は城下町である旧市街地と、周辺の農村部、琵琶湖に浮かぶ沖島の4小学校区からなる。生徒は人なつっこく、元気で活発な者が多い。 生徒会を中心にボランティア活動や学校行事に熱心に取り組んでいる。八中太鼓をはじめとして、 校外での活躍もめざましい。 日刊生徒会新聞「輝け八中、みんなの学校」は昭和59年創刊以来、7000号を達成し、日常的な学校内のできごとを日々生徒・保護者に知らせている。

   学習面では、結果重視の風潮が強く学ぶ意欲に欠けるところが大きかったため、過程を大切にするよう総合学習に力を入れている。 豊かな心の育成と学習意欲の向上を目的に、1年生では 近江八幡の地域学習・ものづくり体験学習、2年生では職場体験学習に、3年生では環境教育体験学習にも取り組んでいる。

 平成23.24年度は文部科学省、滋賀県教育委員会「道徳教育総合支援事業」推進校として研究に取り組んだ。
 心の基盤となる道徳性を心の器と名付け大きく強い心の器づくりをイメージして研究を進めた。今後も道徳の授業力のさらなる向上と地域教材の積極的な活用と通して、地域や学校でいきいきと活動する生徒を育てていきたい。

   PTA活動も積極的で、親子フォーラムや八中サミット、地域別親子懇談会など、親子の交流を図る取り組みを積極的に行っている。


■ 校歌