感動の卒業式

 3月19日、卒業生68名が、小学校での思い出と中学校への希望を胸に、中学校へ羽ばたきました。卒業生は、歌と自分の言葉で思い出や感謝の気持ち、夢を伝えました。きびきびとした動作からも卒業生の思いが伝わってきました。在校生も、呼びかけや歌で感謝の気持ちとよい伝統を受け継ぐ気持ちを伝え、感動深い卒業式になりました。
 卒業式の主役は6年生ですが、全校の子どもたちの成長の機会でもあります。それぞれの学年で、子どもたちが自分の成長を感じ、今後の意欲につながるようにと取組を進めてきました。儀式としての「厳粛さ」の中にも、子どもたちの思い出や思いを受け止め、みんなで祝福する「温かい」卒業式になりました。


2019年03月19日